必見!腸内フローラを増やす方法

必見!腸内フローラを増やす方法

腸内には、もともと多種多様な細菌が住みついているのですが、現代人は細菌の種類が減っていると言われています。
理想の腸内フローラは、小腸から大腸にかけて善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割のグループごとに住みつき、バランスを取っています。

特に日和見菌は健康な時は無害でも、免疫力の低下と共に私たちに牙を向けてしまいますので、悪玉菌よりのグループにさせないよう、腸内環境整える方法として腸内フローラの種類を増やすことが大切なのです。

腸内フローラを増やして整える方法

腸内フローラの種類を増やし、バランスを整えるには、善玉菌の働きをサポートする食べ物を積極的に摂取することが大切です。善玉菌の中でも特に重要な働きをするのがビフィズス菌ですので、「ヨーグルトをたくさん食べて直接増やそう」とイメージする方は多いと思います。

実は全てのヨーグルトにビフィズス菌自体が含まれている訳ではありません。直接増やすという発想よりも、ヨーグルトに含まれる乳糖や乳酸菌がビフィズス菌のエサとなることで、活動を活発にさせて増やすことに繋がるのです。

そのサポート役には、納豆に含まれる枯草菌の一種である納豆菌、味噌や醤油に含まれる酵母菌、玉ねぎに含まれているオリゴ糖の存在が欠かせないものとなっております。

腸内環境を整える食事法の注意点

腸内フローラを増やすためとはいえ、同じものばかり食べる「偏食」は避けましょう。いくら体に良い食べ物を食べていても、他の栄養素が足りていないと意味がありません。善玉菌を増やす食べ物は様々な種類がありますので、日々の献立は「一汁三菜」を意識して効率よく腸内フローラの種類を増やしていきましょう。

腸内環境を改善させるためには、腸内フローラの種類を増やすことが大切です。体の内側を整えることによって、風邪・アトピー知らずの健やかな日々を目指しませんか?腸内環境を改善して免疫力アップを目指したい方は、腸美人コンシェルジュ協会の講座にご参加ください。

腸美人コンシェルジュ協会では、食事の改善方法や腸内改善におすすめの豆乳ヨーグルトの作り方など様々な講座を開催しております。これから先の人生を健康的で美しい体で過ごしていきたい方に、ぜひおすすめしたい講座です。