腸内環境とアンチエイジングの関係

腸内環境とアンチエイジングの関係

美と健康に大きく関係している腸を綺麗にし、腸美人になることはアンチエイジングにも大きく関係しています。
腸内環境とアンチエイジングが関係しているのかを知ることが、腸美人になる第一歩だといえるのではないでしょうか。

人は腸から作られる!?

女性の胎内で成長する赤ちゃんはどの部位から作られるかご存知でしょうか。脳をイメージする方が多いと思いますが、実は腸から作られるのです。

そのため、腸はただの消化器官ではなく、第二の脳ともいわれることがあるほど、重要な役割を持った臓器とされています。また、第二の脳といわれている理由は、脳から独立しており、様々な情報を受け取る神経細胞が張り巡らされている唯一の臓器でもあるためです。

悪玉菌が増えると肌が荒れる理由

腸内に悪玉菌が増えて腸内環境が乱れると、便秘になってしまうことはみなさんご存知かと思います。この状態が長く続くと、さらに悪玉菌が増え、さらに排便が困難になる悪循環を引き起こしてしまいます。

こうして、腸内の悪玉菌が増えていくと悪玉菌はどんどん腐敗物質を生産して善玉菌が少なくなってしまいます。
善玉菌は、ビタミンB郡やビタミンKを生成する役割を担っています。ビタミンB群はの健康維持やホルモンバランスを整える役割を持っているため、悪玉菌が増えて善玉菌が減るとビタミンの生成が減少して肌が荒れやすくなってしまうのです。

有害物質が全身に広がると

悪玉菌によって生み出された有害物質は、腸壁から吸収されて血液にも溶け込みます。有害物質が溶け込んだ血液が全身へと運ばれることで、人のカラダには様々な不具合が発生するようになります。

体臭や口臭がきつくなり、有害物質が溶け込んだ血液はドロドロになってしまいます。血液の循環がスムーズに行われなければ、全身に栄養が行き渡らなくなるので、基礎代謝や免疫力が低下し、肌のバリア機能が衰えてしまいます。

逆にいえば、腸内環境を整えることでビタミンは生成され、基礎代謝や免疫力はアップし、肌のバリア機能を取り戻すことができるということです。そのため、腸内環境がアンチエイジングと大きく関係しているといえるのです。

腸美人を目指したい方は、腸美人コンシェルジュ協会の講座にぜひご参加ください。腸内環境を整え、ダイエットにもおすすめの豆乳ヨーグルトのレシピや他にも腸内環境を整えるための食べ物など、腸内美人を目指すための充実した講義内容をご用意しております。